武田架奈美 ECO MOTOR SPORTS

アクセスカウンタ

zoom RSS プリウスでエコランレース

<<   作成日時 : 2008/06/16 02:41   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

徳島県にある阿讃サーキットで6月3日(火)、トヨタ自動車主催によるハイブリッドカー・プリウスを起用してのエコランレースが開催されたので行ってきました。

舞台となった阿讃サーキット(あさんサーキット)は、四国で唯一の公認サーキット。全長約1kmとコンパクトながらも、アップダウンが激しく、特に中盤から連続する下りコーナーはタイトで、テクニカルなコースといえるでしょう。

画像
さて、昨年末から各地で開催が始まったこのイベント競技は「プリウスカップ」といい、その名の通りプリウスを使って燃費を競うエコランレース。

主な内容は、まず3名のドライバーによってコースを30周しその平均燃費を競い、さらにエンジニアがスキルを競うサービス競技もプラスアルファされ、2つの部門の総合力で順位が決定するといった、ちょっとユニークなレギュレーション。

画像
今回は一般の参加はなく、トヨタ自動車と四国販売店16店舗の方々によるイベント。私はというと、各新聞社で構成された「マスコミチーム」の一員として参加させていただくことに。

画像
レースクィーンの女の子3人とは、昨年のドイツ・ニュル24h以来ちょうど1年振りの再会。それにしても、相変わらずみんなかわいくてスタイルいいですっ!

そして私の隣に写っている女性は、今回このイベントに唯一女性ドライバーとして参加された方。聞くとどうやらサーキット走行はこれが初めてなんだとか。そこで走ってみた感想をたずねると「心配だったけどすごく楽しかった!」と彼女。元気いっぱいに応えてくれた笑顔がとても印象的でした。

画像
一方、黒いレーシングスーツを着たこちらの方は、マスターテストドライバーの成瀬さん。2005年、2007年と2度参加したあのニュルの長いコースの走り方を教えて下さった、私にとって言わば”先生”のような方です!

画像
これはドライバー交代の1コマ。新聞記者の方から私へとハンドルをゆずり受けるところ。

画像
全車両が30周を無事に見事走りきり、チェッカーフラッグが振られます。

午前中雨が降り続いていて心配されていた空模様も、午後のレースが始まるころにはすっかり上がり、終始全車ドライコンディションで走行することができました。でも見て!ご覧の通りの曇り空でギリギリセーフといった感じ。思わずホッと胸をなでおろします・・・。

それにしても皆さん、燃費走行の勉強をずいぶんしてこられた様子。中には驚きの燃費をたたき出したドライバーも!

画像
エコランレースを終えた後、最後に参加された方々の前で、これまでのハイブリッドカーでレースに出場した体験談やエコドライブなどについて、少しお話をさせていただきました。

「人と地球のために」をコンセプトに環境性能を追求し、生まれたハイブリットカー・プリウス。そのプリウスを起用して開催されたこの度の「プリウスカップ」は、原油高やCO2の削減が深刻化する中にあって、「クルマを楽しみながら、同時に環境やエコドライブについても考える」、そんな良いキッカケとなったのではないでしょうか?

>>>誕生10周年トヨタ プリウスのHPはこちらから!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




プリウスでエコランレース 武田架奈美 ECO MOTOR SPORTS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる